インターネットモノカキマンの雑記

素人ラノベ作家が自作小説を掲載したり、アニメ・ゲーム・ラノベやそのコミカライズの紹介・レビューをしたり、日記を書いたりします。ジャンクフードみたいに楽しめます。多分。

神の庭の庭師になりました。 #32 離反者達のホンネ

「ミャ」 「ぐおっ」 「ミャ」 「ん、んぐぐ。ちょ、ちょっと」 「ミャ」 「ぐ、んぐ、もがががが」

神の庭の庭師になりました。 #31 ファーストファイト オーバー

戦闘は終始迎撃側有利に進んだ。しばらくすると、アリシアパパのロランさん率いるリスタ西の諸侯軍も到着し、半ばいじめのようになった。諸侯軍は北に兵を向けるため、こちらに配置されているのは全てではない。それでも、撹乱され、アールヴやデックや南の…

神の庭の庭師になりました。 #30 ファーストファイト リベンジ

「ッ! 貴様ァ!」 振るわれた刃を、左手の金属製の小手を使い、最小限の動きで受け流す。同時に右手で抜いたナイフで刺突。 真っ先に刃を向けられた、スパイ達の副リーダー格のアイツが、それなりの地位らしき騎士に反旗を翻した瞬間。スパイ達は一斉に周囲…

日記:連載小説読者の方への質問やお願い(任意)

色々感想指摘をいただいたので、良い機会なので読者の方に質問やお願いです。 任意ですね。強制ではありません。私はネット小説用の文章レイアウトについて、以下の点に悩みました。・何行くらいで段落を作るのが読みやすいか。・段落同士は一行開けるか。・…

日記:連載中の小説への有り難い感想指摘 小説家になろうの感想欄の実態 しばらくの改稿版連載先@小説家になろう

はい。 小説家になろうにて、連載小説に感想指摘を受け、色々と修正しました。 いや、有り難いですね。 多少読者も増えるといいですが。 読者というか、読破者ですかね。 私も誤植とか、 「ファルシのルシをコクーンでパージ」 「そら(長文省略)そう(長文…

日記:小説家になろうで執筆しての現状

やっぱり趣味で書いているので、反応がある方が嬉しいですよね。一番欲しいのは評価ですが、エタられるのは私も嫌なので、完結するまで付けないというのも分かります。しかしランキングで連載なのに、数千数万文字程度で十点入りまくって数万pt!しているの…

神の庭の庭師になりました。 #29 斥候職の責任の重み / イキイキし出す傀儡達 / 以前、どこかで見たような……

ルーカスの一万五千の軍勢は、森の外でアールヴが他種族も含めて徒党と組んで待ち構えていたのに対し、動揺した様子だった。スパイ達が良い仕事をした。 あ、遠目で見ると、士官級以上、騎士クラスより上の連中が、しきりに指示を出している。なんだか見た感…

日記:小説家になろう、アクセス解析、謎のアクセス元の真実に迫る。

稚作のアクセス解析見てて思ったんですが、小説更新時だけ、時間に関わらずさっと現れる2、300人は、全員検索結果からお越しいただいているわけではないでしょうし、ビューワーアプリか何かで通知受けて、ログインしないで見てるんですかね。 ブクマまだ32で…

神の庭の庭師になりました。 #28 アールヴ・デック他混成旅団、迎撃準備完了

現在、アールヴの森北西、西の山脈側である。ちょっと森と山脈から離れた平野だ。今回はここでルーカスを迎え撃つ。アールヴ単体でない混成部隊になったからな。前、森の中に魔法で対ルーカス用に罠を仕掛けたが、無駄になってしまった。まあ撃ち漏らしが南…

神の庭の庭師になりました。 #27 スパイからの報告と侯爵との四方山話 / アルハラメイドと腹黒ワンコ

大分焦っているようだ。ルーカスは侵攻に際する動員兵数を、一万五千に増やしてきた。国内の治安維持や、東のアレスとの国境の警戒を、多少緩めたとか。アレスが最近海賊業に夢中で陸はあまり熱心ではないのが理由だそうだ。リスタ東と海向こうの国のコンビ…

神の庭の庭師になりました。 #26 アールヴ達の叫び / ミラさんとフムル

ソファーから目が覚めるとブランケットがかけられていた。ありがたい。だいぶ寝たな。もう朝か。体調は八分目ってとこだな。辺りを見るとエルル達も談話室で眠っていた。ベッド集めたから足りなかったんだろうか。実は普段使いしてない部屋は入った事のない…

神の庭の庭師になりました。 #25 アールヴ達の救出と偽装工作

転移魔法は、一度訪れた場所、……あるいは。 「念話で話した通りだ。今、そっちに跳ぶ」 念話で仲間と座標を共有した場所に跳べる。一定以上の大きさの生物がいたり、壁の中だったりすると安全装置が作動する。すぐ側に跳ぶか、跳ばないかを選択できる訳だ。

神の庭の庭師になりました。 #24 ミスタ伯爵領潜入

「呪いを流す前に、製作者を保護して、記憶を改竄しないとな」 「製作者に接触する班、呪いを流し、アールヴを救出する班に分かれましょう」

神の庭の庭師になりました。 #23 束の間の交易

「大丈夫だろうか、あの娘達」 「色々と、その、綺麗にしましたし、記憶の汚れは念入りに取り除きましたわ」 「まあ多少辛さは残るだろうけどニャ」

神の庭の庭師になりました。 #22 アールヴ奪還作戦会議

俺は今朝届いた手紙を読んでいた。ルーカスに潜入させたスパイからの報告である。 三人程のアールヴを奪取し、保護したこと。多少騒ぎになったが、アールヴ達が自力で脱出したように偽装工作したためか、国外から来た敵に奪われたとはあまり考えていないよう…

神の庭の庭師になりました。 #21 メイドさん達の正式雇用と自己紹介 / 凄腕商人シルヴィアちゃんの勝利

帰宅して三日後、現在、メイドさん達を談話室に集めて話をしている。銀髪ちゃん、いやシルヴィアは隊列のセンターだ。戦隊モノならレッドだな。エルル達は離れた所でくつろいでいる。

神の庭の庭師になりました。 #20 ポスタル子爵領で害虫駆除 / 再びアールヴの里

「キシャァ!!!」 森の中、デカい芋虫が体液を脇腹から噴出し、悶え苦しむ。体液がかかりそうになって慌てたが障壁で弾かれた。絵面がキツいな。体液が地面に落ちて、ジュッと音がする。流石にこれは持って帰らんぞシルヴィア。

神の庭の庭師になりました。 #19 魔物狩り / メイドさんと秘密の食事会

ただいま冒険者生活四日目である。俺達は、あまり競合相手のいない、塩漬け気味の依頼をこなしている。稼ぎはアホみたいに良い。 偶然アホみたいな身体能力の空飛ぶ火吹きトカゲの住処になった村の解放、人食いアメーバやら有毒溶解液噴射スライムに支配され…

神の庭の庭師になりました。 #18 メイドさん / アリシアで遊ぼう!

三人で館に向かうと、着替えや身繕いをするための諸々や、靴の手入れ道具なんかを持って数人が待っている。桶に一人が手をかざすと少し湯気が立つ。即席のお湯なら魔法でいいのか。浄化で一瞬で済ませてもいいが、なんか爽快感が違うんだよな。あれは汚くな…

神の庭の庭師になりました。 #17 ミーシャ先生の剣術教室 / エルルの本気

正午過ぎである。結局昨日は夕食後、人目を忍ぶように買い物に行った。アリシアはまだ勇気が出ないらしいので寝室は別だった。ほ、本で予習しますわ!と、買った本を持って一人部屋に籠もってしまった。メイドさんがすっごい粘着質な笑みを浮かべてた。俺の…

神の庭の庭師になりました。 #16 ミニッツ侯爵家別邸 / 独白四方山話

「エルル様、先は失礼いたしました。ミーシャ様も。少々口が過ぎましたわ」 「大丈夫ですよ。本意で無さそうだというのは分かってましたから。一緒に仲良く、幸せになりましょうね」

神の庭の庭師になりました。 #15 結納品

「良かったのう。対外的には死んだ事にしておくが特に気にするな。今まで通りで構わん。要は継承権が消えて庶子になったようなものじゃな。兄達もいるし問題なかろ」 「ありがとう存じます、お爺さま」

神の庭の庭師になりました。 #14 即落ち男性不信侯爵令嬢アリシアとのお見合い

「へえ、あなたがユングさんですの。意外と冴えない顔つきですのね。お爺さまはお話をお盛りになっていたのでしょうか。あなたは随分な自信家ですのね。侯爵家令嬢の私に気安くお見合いを申し込むなんて。言っておきますが、私はあなたより第一印象の良い、…

神の庭の庭師になりました。 #13 恋愛小説が好きで下世話なマジカルパワフル爺

「はい! こちらが高速空中移動! そしてー、瞬間移動! はい! 次はあなたの好きな色を思い浮かべて!」 「緑だな」 「正解じゃ」

神の庭の庭師になりました。 #12 領民に好かれる、ポスタル子爵の憂鬱

「……」 「ニャー、こいつを持ってダンスを踊りたくなってきたニャー」 「止めろ。分かったから。先祖代々の調度品が壊されたら替えがきかんし辛い」

神の庭の庭師になりました。 #11 アールヴが狙われる真の理由

「ンニャー、運動したからお腹空いたニャ。それになんかお腹から下に違和感があるニャ」 ミーシャが起き、猫のように伸びをする。思わず流されたが良かったんだろうか。まあエルルは照れ照れとしてたが、こいつはちょっと楽しいスポーツを覚えたくらいにしか…

神の庭の庭師になりました。 #10 交渉(きょうはく) / ●●●快癒

俺たちは夜の帳が落ちた後、ハンロン伯爵邸に忍び込んだ。空中移動やインチキくさい性能の魔法によるステルスで、警備はなんなくクリアした。魔法の性能が予想以上だ。これ夜である必要はなかったな。 「凄いですね。目の前を通っても、話しながらでも気づか…

神の庭の庭師になりました。 #9 冒険者ギルドってどんなとこ?

「良かったニャー! 実に良い話だニャ! 感動的だニャ! なんか劇とかでありそうな展開だったニャ! この後は交尾するのかニャ?流石にここではやめて欲しいニャ! ミャーも発情してしまうかもしれないニャ! 初めてが剣の柄とか嫌ニャ!もしかしてミャーも…

神の庭の庭師になりました。 #8 人を好きになるということ / 傷付く勇気

夜にハンロン伯爵邸に忍び込んで平和的交渉をしに行く事になった。まだ昼間なので暇である。しかし情報収集も実のところ、通りでこちらを監視していた連中からある程度得て終えているからな。 「エルルがいつも荷物持ってくれるからミャーは楽できたのに。ミ…

神の庭の庭師になりました。 #7 猫耳娘「ミャーはミーシャだニャ」

えーわたくしは現在、森の北、ハンロンの領都、ハイデンに来ております。門の前で取り調べ中です。 「買い物か」 「ええ、こちらはこの度ご一緒する事になったユングさんです」 「ユングです。父がアールヴでして、その繋がりです」